お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
TEL.044-711-5730

【診療科目】
内科・循環器内科・呼吸器内科・消化器内科・リハビリテーション科

健康コラム|川崎市中原区・武蔵小杉の内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、リハビリテーション科「神田クリニック」

トップ>健康コラム

健康コラム

2018/02/16 風邪にまつわるエトセトラ その3 風邪のウイルスすごいぜ

香川照之さんのNHK Eテレ「昆虫すごいぜ」にひっかけてネーミングしてみましたが。。

まず、その1でお話ししたライノウイルス。鼻、のどの上気道のみ炎症を引き起こします。33度でしか増殖せず、発熱もありません。ライノウイルスは数百種類あるとみられており、よってこのワクチンを作ることは不可能です。

次にコロナウイルス。2002年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)や2012年に発生したMERS(中東呼吸器症候群)の原因ウイルスもこの仲間です。かといってコロナウイルスすべてが恐ろしい危険なウイルスというわけではありません。SARSMERS以外の人で感染を起こすコロナウイルスは4種類、鼻炎症状、のどの痛み、咳、ときに発熱する等の症状です。コロナウイルスは人以外、犬、猫、牛、豚などに感染する種類があります。それらの中から遺伝子の変異を起こすことでSARSMERSのような人に重篤な感染症を引き起こすコロナウイルスが出現しないかと危惧されています。

今回はこの辺で。。。

一覧に戻る